男には価値がわからない?

2017.01.27 18:16

4117e27f-5536-4b4e-8a76-b5a0183a7aec-P1

カレー染みがおちる洗濯機

家電大手パナソニックがインド市場向けにカレーによる汚れも落とせる洗濯機を開発、販売を開始するという。
24日の朝刊各紙で報じられている。

インド各地で好まれているカレーの成分を調査し、しつこい汚れを落とすのに最適な水温や水流、時間を研究するなどして2年かけて開発した。―読売新聞東京版

紙面をめくりながら、これぞ使い手の側に立った商品企画だなあと感心してしまった。
周知のとおり、日本の家電業界は有力市場のアジア市場で出遅れている。必要のない機能が多すぎて価格が高いのが原因だとされている。
どうして消費者のニーズとあわない商品ばかり企画されるのかというと、家電メーカーの社員は仕事ばかりで家事は奥さんにまかせっきり。会社にこもって机上の空論をこねくりまわしているだけだからだという。
そういえば、数年前に量販店で見かけた洗濯機を思い出す。頼もしい店員に聞いたところ、その洗濯機はスマホと連携して洗濯物の重さを正確に表示し、必要な線材料を計算してくれる機能がついているというものだった。
「そんなことより、自動で洗剤を入れてくれる機能はないのか?」と私が聞くと、店員は苦笑いしきりだった。

男には価値がわからない

住宅業界も家電を笑えない実例がたくさんある。
大手マンション建設会社で内装設計を担当していた女性に聞いた話では、キッチンの使い勝手についてわかる男性の同僚がいなくて説明に苦慮したという。
例えばキッチン下の収納を奥にある鍋を取り出しやすいようにスライド型を提案したが全く反応がない。料理をする営業マンがいないため、モデルルームでもスライド機能については触れずじまいだったという。
「マンションは男が造って、男が売って、買うのは女」という時代だったという。
結局、スライド機能によって1回の料理するごとに何分間短縮できるかを計測して、1年間で何十時間の削減になるかをパンフレットに盛り込んだら、営業マンはいきいきと売ってくれたという。

トイレ掃除をしたことがないオーナー

賃貸住宅でも入居者目線を持つのは本当に難しい。
ある時、管理会社の社員がオーナーと一緒にリフォーム計画を考えていた時のことだ。トイレに物がおける棚を設けてはいかがと提案したところ、「なんのために?」とオーナーに真剣に聞き返されたという。
当然、トイレットペーパーや掃除道具を置けるようにとの考えだったのだが、オーナーはトイレ掃除の経験はおろか自宅のどこにトイレットペーパーがしまってあるかも知らなかったという。
「トイレ掃除から説明するんですから、大変ですよ」社員のため息は深かった。

そういえば1000文字ほどの、このコラムも文章が長すぎるというお叱りをいただくことがあった…


住宅コラムニスト

西条阿南

新聞社を経て、フリーランスの記者、編集者として活動。
経済誌や週刊誌などに幅広く記事を執筆中。
8年間で5回の引越し経験があり、入居者目線で鋭く意見を発信する。

お申し込み・お問い合わせはハプティックまで

賃貸住宅では従来リフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社より提供されていますが、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工を「TOMOS」、リノベーション後の入居者募集を「goodroom」により、ワンストップで提供することでオーナー様の空室解消や家賃下落に対する不安を解消し、築古賃貸不動産のバリューアップを行っています。工事のご相談はお電話・お問い合わせフォーム(こちら)よりお気軽にお知らせください。

まだ間に合います!繁忙期の工事日程のお知らせ

2017.01.23 19:01

40296909-5a0a-43be-ad03-7f55883c1dd3-P1

まだ間に合います。3月の工事日程のお知らせ。

一般的に不動産は年末〜3月までが繁忙期シーズンと言われていますが
内覧時、入居の決めてとなるのがリフォームの有無ということも多いのではないでしょうか。
お部屋が古くなったから、リフォームしようかどうか迷っている。
そんなオーナー様はいらっしゃいませんか?

2月10日までにご発注の場合、3月末日完工でお引き渡しが可能です!

ハプティックでは、繁忙期の受注に備えて工事体制を大幅に見直しました。
誠にありがたいことに1月の着工数は、今までよりも多い着工数になっております。

もうちょっと悩みたい。。でも欲しい時に急ぎで見積もりして欲しいという方には。

営業スタッフによる、”どこよりも早い現調見積もり”を確約する
現調見積もりFASTPASSを、1月27日(金)開催のTOMOSオーナー会で配布予定です!
賃貸物件の相談、運営方法などさまざまなお悩みをお聞きします。
23h523

お申し込み・お問い合わせはハプティックまで

賃貸住宅では従来リフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社より提供されていますが、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工を「TOMOS」、リノベーション後の入居者募集を「goodroom」により、ワンストップで提供することでオーナー様の空室解消や家賃下落に対する不安を解消し、築古賃貸不動産のバリューアップを行っています。工事のご相談はお電話・お問い合わせフォーム(こちら)よりお気軽にお知らせください。

内覧会のお知らせ@西荻窪(1/28)

2017.01.13 10:01

オーナー様・管理会社様向け内覧会を開催します

日時 1月28日(土曜)10時〜14時
物件名 : NISHIOGIBASE(ニシオギベース)203号室
住所 : 東京都杉並区西荻北1-5-18
間取:1R
広さ:20㎡
アクセス : JR中央線「西荻窪」駅 徒歩8分

ロフト付きのワンルームタイプのお部屋です

Screenshot 2017-01-13 at 10.09.41

弊社新サービス”Conomy”で成約したお部屋です

logo-top
入居者様が事前に決まった状態で工事がスタートしたお部屋です。
入居者様のメリットとしてはカスタムパーツが選べるので入居者中、高い満足度が得られ、
オーナー様のメリットとしては工事前に入居者様が決まっているので収益性が安定するというサービスです。
サービス内容は内覧会時に詳しくご案内致します。

代表電話番号にてご来場時間のご予約をお願い致します。

※ご予約制となっておりますので、ご来場いただけるお時間をお知らせ下さい。
代表電話番号 : ハプティック 0120-954-451 / お問い合わせフォームは(こちら)

“TOMOSオーナー会”開催のお知らせ(1/27)

2017.01.11 09:47

dsc04849

定期開催イベント”TOMOSオーナー会”を開催します。

日時 : 1月27日(金)
    18時〜20時(17時30分開場)

場所 : ハプティック
   渋谷区渋谷3-2-3 帝都青山ビル5階

参加対象:賃貸物件のオーナー様・ハプティックご利用をご検討のオーナー様

参加費 : 無料

イベント内容:
①小田急電鉄さんによるサブリースサービスのご案内(30分)
・リフォームして決まらなかったらどうしよう・・・
・リフォームに掛けるお金がない・・・
の2つを解決いたします!

②決まる!素敵な写真の撮り方勉強会(30分)
・弊社専属カメラマン金井さんによる、決まるお部屋の撮影テクニックを一挙公開
・iPhoneフル活用!いいお部屋の写真をつくる機能・アプリをご紹介

③懇親会(60分)
グループごとに別れていただき、ちょっとしたテーマを決めて意見交換いただくことで、
オーナー様同士交流を深めていただければと思います。
もちろんお酒のご用意もございますので楽しくお時間を過ごせていただます。

代表電話番号にてご来場時間のご予約をお願い致します。

※ご予約制となっておりますので、ご来場いただけるお時間をお知らせ下さい。
代表電話番号 : ハプティック 0120-954-451 / お問い合わせフォームは(こちら)
※お問い合わせフォーム経由の予約は、オーナー会参加希望と記入してください。

十年ひと昔といいますが…

2017.01.08 08:00

cc176164739_tp_v
十年ひと昔というが、年初に10年前のことを振り返ると感慨深いものがある。
10年前の2017年の流行歌は『千の風になって』で、ベストセラーは『女性の品格』。
政界ではお友達内閣と揶揄された第1次安倍政権が突然の終幕を迎え、福田総理が誕生した。
なんだか最近のような気もするし、遠い昔のようにも思える。
こういった過去を振り返る場合は干支で区切ることが多い。にも関わらず10年で区切ったのはわけがある。
「不動産投資も10年単位ですよ」と聞いたからだ。

金融エリートもわからない

発言の主は大手投資会社で不動産投資チームに所属していた男性だ。現在は退職して教育関連の事業を計画中という。
投資会社時代には賃貸住宅やビルなどさまざま不動産に投資を繰り返したらしく。
5人ほどのチームで百億円単位のマネーを運用していたという。
投資の際には複雑な金融工学を用いて、物件の収益性を割り出し購入するかの判断をする。
とにかくスピードが重要で数十億の物件でも、あっという間に購入を決めるらしい。
世界のエリートが考え出した複雑な計算式を用いれば失敗はないのかというとそうでもなく、原則として同じ物件を10年以上所有して続けることはないという。
10年を超えると不確実性が大幅に増し、リスクが大幅に高まるからだ。
儲かっているうちに売りさばくのが、変わらぬ勝利の鉄則なのだ。

不確実性を増す世の中

それぞれ事情はあるだろうが個人の賃貸オーナー、とくに地主系のオーナーの多くは10年以上の長期保有をする人がほとんどではないか。そう思えば、ずいぶんと大変な事業だと、あらためて思いいたる。
土地を所有する以上、スタート時点では有利なのは間違いないが時間がたてば建物の劣化や経済環境の変化など、予想できないリスクが増すことには変わりがない。
さまざまな変化に対応するには、自分自身が変化するほかない。流行や生活スタイルにあわせて賃貸住宅も変化するほかない。
情報収集や新しい挑戦を続けることができるか、どうか。
「どんなに優秀な人でも10年先のことなんてわかりませんよ」
戦術の彼自信、世界中を飛び回っていた外資系エリートの生活にあっさり見切りをつけ、今まさに新分野に飛び込もうというのだから、本当に先のことはわからない。


住宅コラムニスト

西条阿南

新聞社を経て、フリーランスの記者、編集者として活動。
経済誌や週刊誌などに幅広く記事を執筆中。
8年間で5回の引越し経験があり、入居者目線で鋭く意見を発信する。

お申し込み・お問い合わせはハプティックまで

賃貸住宅では従来リフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社より提供されていますが、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工を「TOMOS」、リノベーション後の入居者募集を「goodroom」により、ワンストップで提供することでオーナー様の空室解消や家賃下落に対する不安を解消し、築古賃貸不動産のバリューアップを行っています。工事のご相談はお電話・お問い合わせフォーム(こちら)よりお気軽にお知らせください。

昔の名前で出続けますか?

2017.01.05 14:27

axis85_italymm14044243_tp_v

安易なネーミングは禁物という話

先日、いろいろな商品の販売戦略を考える専門家という人にお会いした。
マーケターという職業だという。商品が誰に対して売れそうかを分析し、広告を考え、ものによっては店舗での売り方まで指示するのだという。

マーケター先生が仰るには、「とにかく商品名が重要」とのことだ。
商品によっては数百の候補から選ぶこともあるらしい。
やけに長ったらしいカタカナが並んだり、意表をついた古風な名前など趣向を凝らすらしい。

商品名にもなんとなしに傾向があって、中小企業などは男の子の名前をつけることが多いらしい。
◎◎太郎、△△助(すけ)、××ボーイなど、とにかく覚えやすいということで、ほとんど悩む事もなく決めてしまうようだ。
商品の特性を考えて、「安心感が重要だ」と分析し、販売手法を工夫しようとも商品名が××ボーイなら後の祭り。
軽過ぎて販売戦略を考えるのは難しくなることもあるらしい。
自動車などは世界中で販売するため、各国の商標の状況などをくまなく調べてから商品名を決定するのだという。ご苦労なことである。

名前を変えただけでバカ売れ

ぱっとしなかった商品が、名前を変えただけで大売れしたという伝説的な話もある。
ニューヨークで九州料理の店を経営するオーナーの話だと言う。世界的な和食ブームもあり、開店当初から客入りは上々。
なのに、店で出している福岡名物の明太子だけは全く注文が入らない。
不思議に思い米国人の店員に聞いてみると英語のメニューが悪いらしい。見てみると「Cod Roe=タラの卵」と直訳が載っている。
これはいかん、明太子に馴染みのない米国人には気持ち悪いだけだ。
オーナーはあたまをひねって「HAKATA Spicy Cabia=博多スパイシー・キャビア」にメニューの表記を変えたところ、瞬く間に人気メニューになったという。
確かに注文したくなる。もともと欧米人は日本人の何倍も辛いものが好きだ。

よくできた話だが、本当なんだろうか。
世界に広がるマンション名、賃貸住宅も物件名を変えるだけで人気になったりしないものか。
調べてみると、賃貸住宅の名前にもその時代ごとにトレンドがあるらしい。
これぞ定番といったおもむきのコーポやハイツ、エステートは80年代から使われ始めたらしい。
意外に最近だ。それまでは〜荘や〜館が一般的だった。
老舗のマンションデベロッパーの、これまた生き字引みたいな社員が教えてくれた。

バブル崩壊後の90年代中盤になるとシティコートとかブリリアンスと英語と地名の組み合わせがが主流に、
2000年代に入るとビバッチェだがグラッチェだかイタリアなど他言語していったらしい。確かにそんな気がする。
そんなわけで物件名変更をお考えのオーナーにはイタリア語も候補に加えていただきたい。


住宅コラムニスト

西条阿南

新聞社を経て、フリーランスの記者、編集者として活動。
経済誌や週刊誌などに幅広く記事を執筆中。
8年間で5回の引越し経験があり、入居者目線で鋭く意見を発信する。

お申し込み・お問い合わせはハプティックまで

賃貸住宅では従来リフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社より提供されていますが、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工を「TOMOS」、リノベーション後の入居者募集を「goodroom」により、ワンストップで提供することでオーナー様の空室解消や家賃下落に対する不安を解消し、築古賃貸不動産のバリューアップを行っています。工事のご相談はお電話・お問い合わせフォーム(こちら)よりお気軽にお知らせください。

内覧会のお知らせ@麻布十番

2017.01.04 17:17

麻布十番にて内覧会開催!

e18d51c1-e9ea-4929-ae36-2ed2269e5bc9-p1

下記日程で、オーナー様・管理会社様向け内覧会を開催します

日時 1月12日(木曜)10時〜14時
物件名 : バアクレイ南麻布 204号室(1LDK 56㎡)
住所 : 東京都港区南麻布1-24-6
アクセス : 東京メトロ南北線「麻布十番」駅 徒歩7分
IRタイプ・1LDKタイプがご覧いただけます。

screenshot-2017-01-11-at-18-01-54
※こちらのマンションになります。

代表電話番号にてご来場時間のご予約をお願い致します。

※ご予約制となっておりますので、ご来場いただけるお時間をお知らせ下さい。
代表電話番号 : ハプティック 0120-954-451 / お問い合わせフォームは(こちら)