まずは資料請求

リノベーションとリフォームの違いとは

「リフォーム」という言葉に加え、最近では「リノベーション」という言葉もよく耳にするようになって来ました。一方で「リフォームと何が違うの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。
本項ではリフォームとリノベーションそれぞれの違いや良さについて説明していきたいと思います。

1.リノベーションとリフォームの線引きは曖昧!?

結論から述べてしまうと、実は「リフォーム」と「リノベーション」という2つの言葉、線引きが曖昧で明確な定義はありません。使う人がそれぞれの解釈で使い分けているのが現状です。
その解釈を大まかにまとめると、
リフォームとリノベーション、どちらも「既存の物件に工事を加えて、物件の価値を高める」という大枠は同じですが、マイナス状態となった古い物件を新築同様、つまりゼロの状態に戻すための工事がリフォーム。マイナス状態となった古い物件に新しい機能や価値をプラスする為の工事がリノベーションとなります。

リフォームの進化版がリノベーションだと一概には言えず、どちらもメリット・デメリットがあり、工事の目的に合わせて選択することをお勧めします。次項ではリフォームとリノベーション、それぞれどのような人におすすめできるか、またそれぞれのデメリットも見ていきましょう。

2.リフォームをオススメしたい方

・今の物件の雰囲気を気に入っている人

リフォームでは、今まで慣れ親しんできた愛着のある物件の雰囲気をそのまま保ちながら、物件を綺麗にすることができます。
「水回りが古くなったのでお風呂やキッチンを新しくしたい」という方であればリフォーム工事で十分満足できるかと思います。
外装の塗り替え、壁紙の張り替えに加え、和室→フローリングへの変更などもリフォームに該当します。

・お金や時間をあまりかけたくない人

リフォーム工事はリノベーション工事に比べ規模が小さい分、工事期間が短く低予算行うことができます。
一般的に、部分的なリフォームであれば半日〜1週間程で工事が完了するので、工事中の仮住まいにかかる費用を節約できるのもポイントです。

リフォームのデメリット
リフォームはあくまで原状回復(新築同様の状態に物件を修復すること)のための工事なので大掛かりなデザイン変更ができず、資産価値の向上や賃料アップには繋がりにくいというデメリットがあります。

3.リノベーションをオススメしたい方

・物件の雰囲気をガラッと変えたい人


リノベーション工事では、デザインの変更に加え、間取りまで自由に変更可能なので、住む人のライフスタイルに合わせて大規模な工事を実施することができます。例えば、リビングと隣の居間を区切る壁を取り払うことで、ファミリー向けのお部屋を一人暮らし向けのお部屋に変更したり、住む人の趣味に合わせて、シアタールームや自転車を置ける広めの土間を設けたりすることが可能です。

・長期的な目線で利益を生みたい人

リノベーション工事ではリフォーム工事に比べて自由に大規模な工事を行うことが多いです。
築古物件や駅から遠い物件でも、入居者の目線を意識したリノベーション工事を行うことで、空室がすぐに埋まる費用対効果の高い物件を目指すことができます。
画像挿入:築古物件リノベーションの成功例写真

デメリット

新築マンションを買うよりはコストダウンができますが、リフォームより工事が大規模になることが多いため、リフォームに比べて工事期間が長く、費用も高くなることが多い。またリフォームに比べ工事後のお部屋がイメージしづらいのもリノベーションのデメリットだと言えるでしょう。

ハプティックのリノベーション

ハプティックでは、リノベーションのデメリットである費用の問題、工事期間の問題を抑えながら、リノベーション工事を行うことが可能です。

ハプティックでは内装の仕様を統一化しており、さらに工事前にショールームでこだわりの床材や水回りなど直接ご確認いただけますので、リフォーム後のお部屋の魅力が伝わりやすのが特徴です。

また工事期間中から弊社のグループ会社が運営するユーザー68万人以上(※2019/9時点の数値)の人気ポータルサイト「goodroom」で入居者を募集することが可能なのでリノベーション工事後、日を置かずに新しい入居者を迎えることが可能です。

>>>工事だだけでなく、入居者募集も同時に行える!その秘密は?

 

お問い合わせ

無料お見積り、ショールームの見学など
お気軽にお問い合わせください

tel.0120-954-451
9:00-19:00 土日祝休

お問い合わせ