まずは資料請求

時期にかかわらず入居者が決まる秘密とは?

一般的に、不動産業界では10月頃~4月上旬が繁忙期、4月下旬~10月上旬は閑散期と言われています。
4月に入り、繁忙期が終わってしまいそれでもお部屋の入居様が決まらない、このままではまずい...と危機感を感じたことがあるオーナー様も多いのではないでしょうか。
今回は、仲介サイト『グッドルーム』の時期に関わらず入居者が決まる秘密をお教えします。

goodroom
仲介サイト『グッドルーム』

インターネットでのお部屋探し

以前は、店舗に出向いてお部屋を探すという方法が主流でしたが、現在は、最初にインターネットで情報収集し、いくつかお部屋をピックアップしてから店舗に出向くという方法が一般的になりました。
『グッドルーム』のお客様も、仲介サイト『グッドルーム』でお部屋の候補を何件かに絞ってから実際にお部屋を見に行き、候補のお部屋の中からお申込みをいただくことが多いです。
そんな中、いかに「インターネットに掲載されている情報」でお部屋の良さを伝えるかが鍵となってきます。

TOMOSお部屋掲載写真
仲介サイト『グッドルーム』お部屋紹介ページ『TOMOS私だけが知ってる』

お部屋の良さを伝える方法

■ストーリー仕立てでお部屋をご紹介
インターネットに掲載されている、写真や物件情報だけではなかなかお部屋の良さは伝わらないものです。
『グッドルーム』では、お部屋の取材に行ったスタッフが、実際に暮らした時に起きるドラマを想像、妄想してストーリー仕立てでお部屋のご紹介をしています。
■欠点も伝える
お部屋を探している中で、入居者の目線ではデメリットになるポイントが隠れていることがあります。オーナー様にとって、そこに住まないと気付かないようなデメリットがあるなたあえて伝えるなんてとても怖い。できれば気付かずに入居してくれたら、と思うのが普通だと思います。入居者の目線で気になるポイントはあえて隠さず、デメリットをその解決方法とともにしっかり伝えたほうが、入居者様も早く決まり、また長く住んでくれるお部屋にできると私たちは考えています。
例えば、3点ユニットならアイテムを工夫する知恵、収納が少ないならオープンな収納術などです。
■ストーリーに周辺情報を
駅名で検索をかけてしまうと、知名度が低い駅は埋もれてしまいがち。
『グッドルーム』では、お部屋の周辺情報をストーリーに盛り込んでいます。あまり有名ではない駅はインターネットで検索しても街情報がなかなか出てこないものです。『グッドルーム』のサイトを見たらカフェやパン屋情報、暮らしてから起こりうる良いこと、きになることが両方書いてあることで、暮らしの想像ができたことが決め手だったというお声も頂いております。

ストーリー

ストーリの詳細はこちらから

住んでいる様子を想像すること

『グッドルーム』のサイトでお部屋をご紹介するときに気を付けていることは、見ている方が実際にそのお部屋に住んでいる様子を想像できるようにすることです。その為にも、お部屋の良い所だけではなく欠点も伝えるようにしています。
お部屋へのこだわりは人それぞれです。ある人にとって良いと思う所が、別の人にとってはまったく気にならないということも多々あります。そのお部屋にぴったりな方が見つかることが、時期にかかわらず入居者決まる秘密です。

ハプティックでは入居者付リノベーションを行っております。

賃貸住宅では従来リフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社より提供されていますが、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工を「TOMOS」、リノベーション後の入居者募集を「goodroom」により、ワンストップで提供することでオーナー様の空室解消や家賃下落に対する不安を解消し、築古賃貸不動産のバリューアップを行っています。
工事のご相談はお電話・お問い合わせフォーム(こちら)よりお気軽にお知らせください。

お問い合わせ

無料お見積り、ショールームの見学など
お気軽にお問い合わせください

tel.0120-954-451
9:00-19:00 土日祝休

お問い合わせ