まずは資料請求

【金融コラム第3回】優秀な銀行員の見分け方

不動産賃貸経営を行う上で、銀行で借入をしている方も多いと思います。
あなたの銀行の担当者はどんな方ですか?
今回は、ずばり『優秀な銀行員の見分け方』について教えていただきます。

第1回の内容はこちらから

第2回の内容はこちらから

PASONA_27_TP_V

同じ銀行の中にも優秀な銀行員と、そうでない銀行員がいます。

同じ銀行なのに支店によって、あるいは担当者によって、対応が全く違う!という経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。
担当者にやる気があるのか、ないのか……その見分け方をご存じでしょうか。
それは“質問力”です。
優秀な担当者はどんどん質問してきます。
とくに融資審査で質問をしてくる時、稟議書をイメージしながら「この人の案件をどうやって通そうか?」
と考えながら質問しています。通せる為の稟議書のイメージがあるから、質問が出来るのです。銀行所定の書式の中に含まれていない項目の他に、融資の拠りどころとなる資産背景やキャッシュフローがないかどうか、あるいは経営能力の高さを疎明できる無形資産は無いか、様々な角度からの「質問」が出来るのです。

その際、貴方が求められるのは“スピード”です。

たとえ、通りにくい稟議でも、追加の資料で何とかいけそうだと判断すれば、「○○の書類を出してください!」と新しい書類を求めてきます。
それに対して貴方がリズムよく返せなければ、銀行員のテンションは落ちてしまいます。
なにせ銀行員は一日に30件程度の仕事をこなさないとならないのですから。
その時は「はい!」「はい!」と餅つきのようにリズミカルに対応すべきです。

実際のところ、仕事が出来る担当者ほどせっかちです。
貴方にはよくわからない事業計画、いろんな書類を出してきては、担当者がどんどん動き出すのです。


菅井敏之

書いた人 菅井敏之

6棟のオーナーとして、年間7,000万円の不動産収入がある。
著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)は40万部を突破し、
2015年オリコンランキングビジネス書部門第1位を獲得。

リフォームに関するお問い合わせはハプティック0120-954-451まで

賃貸住宅では従来リフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社より提供されていますが、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工を「TOMOS」、リノベーション後の入居者募集を「goodroom」により、ワンストップで提供することでオーナー様の空室解消や家賃下落に対する不安を解消し、築古賃貸不動産のバリューアップを行っています。工事のご相談はお電話・お問い合わせフォーム(こちら)よりお気軽にお知らせください。

お問い合わせ

無料お見積り、ショールームの見学など
お気軽にお問い合わせください

tel.0120-954-451
9:00-19:00 土日祝休

お問い合わせ