【コラム】ロンドン高層アパート火災の衝撃

2017.08.30 18:45

死者・行方不明者は79人

79b71c98443c34e6ddc6be084fa3adb4_s

やや旧聞に属する話題ですが、ロンドンの大規模マンション火災について情報が集まってきたので触れておこうと思う。

London

取り上げるのは、今年6月14日に発生したロンドン西部ケンジントン&チェルシー区にある高層集合住宅で発生した大規模火災だ。14日未明に発生した火災は鎮火まで24時間以上を要し、現在までに死者・行方不明者は79人にのぼっている。

発生からしばらくたつが、正確な犠牲者の数は不明のままだ。これは、火災が長く続き識別が難しい遺体があると予想されることと、発生時の正確な居住者数がわからないためだ。英紙では、死亡者数が確定するのは来年になるとの報道もでている。
なぜ居住者数がわからないかというと、現場となったグレンフェル・タワーはカウンシル・フラットと呼ばれる低所得者向けの公営住宅で海外からの移民が多く住んでおり、届出なしに知り合いの部屋に身を寄せていた人がいる可能性があるためだ。火災発生時に「ロンドン・タワマン火災」などと報じられが、高級なイメージのあるタワマンとは大きくかけ離れた建物だった。

燃え広がるまで15分、外壁が延焼の原因か?

それにしても、なぜこれほどの惨事を招いてしまったのか。

英紙に載った目撃者の証言によると、24階建ての建物のほとんどに火の手が回るまで15分ほどしか掛からなかったという。

原因の一つとして注目されているのは外壁材だ。
同タワーでは2016年5月に行われた大規模改修で外断熱設備が追加された。
BBCなどによるとコンクリートの外壁に断熱材を貼り、外側に通気層を通したうえで、金属製のサイディングで覆った。この通気層に炎が入り込み、あっという間に燃え広がったという専門家が推測している。

この疑惑を建築業界向けの専門誌である日経アーキテクチャ7月27日号で「炎の死角」と題し、詳細を特集している。実はこの高層ビルの外壁火災は海外で度々起こっているという。2009年には北京、2010年には上海、2015年にもドバイで大規模な火災があった。
このような外装による外断熱は新築、リフォームを問わず世界的にも増えている。何らかの対策が必要となる可能性もでてきた。

日本では起きるのか?

では日本ではこのような大規模火災は起きるのか。
tokyoIMG

大手メディアなどでは日本の高層集合住宅ではほとんどでベランダがあるため、海外の事例のような延焼はしないといった意見が紹介されていた。確かにロンドンのグレンフェル・タワーにはベランダがない。
しかし日経アーキテクチャでは東京大学大学院の野口貴文教授の言葉を紹介し、こういった楽観論に警鐘を鳴らしている。

日本の建築基準法は外壁の非損傷製、遮熱製、遮炎性に関する規制があるが、外装材の燃え広がりに関する定めはない。そのため日本でも外壁火災リスクは潜在的にある。ロンドンのように外断熱方式の中高層建築物は、使用建材の性能や組み合わせの総点検が必要だ。

(野口貴文教授談)

先にあげた世界中で起きている高層マンション火災は外壁を伝ってのものなので、スプリンクラーなどもあまり意味をなさない。建築基準法には遮熱製などの主に住み心地に関する定めは多いが、外壁用建材が燃え広がらないようにする規制はない。今後、議論が必要になってくるだろう。

いまできること

さて、それでは現状で賃貸住宅オーナーや管理会社ができることはあるだろうか。

h_kaidan kyoyo1

非常階段や共用廊下に荷物があれば片付け、入居者にも同様のお願いをすること。さらに消化器の確認や、防火への声かけなど基本的な対策が有効とのことだ。
入居者や管理者の意識に勝る防火策はないのである。


住宅コラムニスト

西条阿南

新聞社を経て、フリーランスの記者、編集者として活動。
経済誌や週刊誌などに幅広く記事を執筆中。
8年間で5回の引越し経験があり、入居者目線で鋭く意見を発信する。

お申し込み・お問い合わせはハプティックまで

賃貸住宅では従来リフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社より提供されていますが、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工を「TOMOS」、リノベーション後の入居者募集を「goodroom」により、ワンストップで提供することでオーナー様の空室解消や家賃下落に対する不安を解消し、築古賃貸不動産のバリューアップを行っています。工事のご相談はお電話・お問い合わせフォーム(こちら)よりお気軽にお知らせください。

【メディア掲載】朝日新聞(全国版)に掲載されました!(2017/8/24 朝刊)

2017.08.24 17:40

2017年(平成29年)8月24日(木曜日)発行の朝日新聞全国版 朝刊にて、
提携を結んでいる阪急不動産株式会社との沿線活性化の取り組みについてご紹介いただいております。

170824_asahi
ご紹介いただいているハプティックがリノベーションした物件(大阪府, 豊中市)
(物件の紹介ページ/goodroom)

詳しくは、本日発売の朝日新聞をご覧ください。
【『朝日新聞』2017年8月24日付朝刊7面「沿線の空き家 稼ぎ口に」】

(関連リンク) 【リリース】阪急不動産と業務提携開始 !

 

【内覧会】リノベから4年、無垢材の「経年美化」とは?@中目黒(9/5)

2017.08.22 14:00

中目黒の人気物件、2回転目も退去前に入居お申込み!

mezonhogetsu1 mezonhogetsu2
< 工事前:もともとは和洋室、浴室がバランス釜の築古物件。 >

4年前に無垢床リノベーションをした中目黒1LDKのお部屋です。
「傷つきやすくメンテナンスが大変そう」と思われることが多い無垢床ですが、
入居して4年が経つと、実際はどうなっているのでしょうか?

mezonhogetsu3
< 工事後(4年前):リノベーション後すぐのお部屋がこちら。明るい色味のパイン材を使用。 >

施工当時はリノベーションにより家賃12.0万円から15.5万円(管理費込)と3.5万円の家賃アップをしており、
2回転目のご入居時もその家賃を維持しています。
以前の入居者が退去するよりも前に次の入居が決まってしまうほど、変わらぬ人気を保ち続けるお部屋です。

木材の色味が時間とともに変わり、新しいものとは異なる魅力を持つことをハプティックでは「経年美化」と呼んでいます。
施工して間もないお部屋では見られない、一味違った無垢床の雰囲気。
今回は原状回復工事が入る前の様子をご覧いただけます!

第36回内覧会@中目黒 開催情報

日時:9月5日(火) 10:00〜14:00
物件名:メゾン鳳月 303号室
住所:東京都目黒区青葉台2-16-12
アクセス:東横線 中目黒駅 徒歩10分

◯ 物件情報 ◯
間取:1LDK, 36.54㎡
建築年数:1974年(築43年)
構造:RC造 6階建て

リノベーションポイント

・無垢フローリング(パイン材)を使い、明るく柔らかな雰囲気に
・バランス釜だった浴室は浴槽を交換
・ちいさく可愛らしい洗面台へ交換
・キッチン、トイレは交換し清潔感あるものに

新しいだけが魅力ではないリノベーション、長く気に入って住んでもらえるお部屋づくりとは?
ぜひ現地にてご覧ください。お待ちしております!

お申込みはこちらから

TEL:0120-954-451

HP:ご内覧お問い合わせフォーム

※表示されない場合はこちらから

スムーズなご案内のためにお電話またはHPにてご予約ください。
※当日のご連絡はこちらへ 高田(タカダ)TEL:070-4260-2050

【メディア掲載】日経MJに掲載いただきました!

2017.08.21 15:21

2017年(平成29年)8月21日(月曜日)発行の日経MJにて、ハプティックが運営するおしゃれ物件サイト「グッドルーム」についてご紹介いただいております。

Screenshot 2017-08-21 at 15.05.45

ご紹介いただいたグッドルームのサイトに掲載される、ハプティックがリノベーションした物件
https://www.goodrooms.jp/detail/001/1000057410/

詳しくは、本日発売の日経MJをご覧ください。
日経MJについてはこちらから
https://www.nikkei4946.com/syoukai/mj/

10年手付かずの築35年物件をフルリノベーション! 第35回内覧会開催@六本木(8/22)

2017.08.17 17:22

キッチンカウンター造作、水回りフル交換でバリューアップ

Screenshot 2017-08-17 at 09.44.30 Screenshot 2017-08-17 at 16.44.48
< 工事前:小さなキッチンスペースとカーペット敷きの居室が2つ >

Screenshot 2017-08-17 at 16.46.56

空室の12部屋が10年そのままになっていた西麻布にある物件の一室です。
六本木から徒歩8分の好立地で家賃アップを見込めるため、古さを感じさせる設備はすべて交換しました。
居室はキッチンスペースとつなげてゆったりとした1LDKに。
空間の広がったキッチンにはカウンターを造作し、お部屋のバリューアップを図りました!

リノベーションポイント

・3口コンロのゆったりキッチン+カウンター
・洗面スペースを大きくし、洗面台を交換
・さらに有孔ボードを設置!
・2DKから1LDKの広々とした間取りに
・お風呂は新品ユニットバス
・無垢材のフローリングを使ったナチュラルリノベーション

開催概要

日時 : 8月22日(火)10時〜14時
住所:東京都港区西麻布3-17-30
   ベルファン西麻布 205号室
間取 : 1LDK
広さ : 45.00㎡
アクセス : 日比谷線 六本木駅 徒歩8分

しばらく放置されながら、潜在力を秘めたお部屋。
設備フル交換の無垢床リノベーションをぜひ会場にてご覧ください!

お申込みはこちらから

スムーズなご案内のためにお電話またはHPにてご予約ください。
TEL:0120-954-451 /お問い合わせフォームは(こちら)
※当日のご連絡はこちらへ 高田(タカダ)TEL:070-4260-2050

【Q&A】見積もりは物件を見なくても作れるの?

2017.08.17 09:40

オーナー様から良くいただく質問を、弊社営業がお答えいたします!
今回は、実際にリノベーションを決断する際にまずは知っておきたい見積もりについてです。

平米数に応じてパッケージで提案!!

DSC00334

弊社のリノベーションは㎡毎に金額を設定したパッケージになっています。
ですからお電話口でも、物件情報をお伺いしておおよその工事費用をその場でお伝えできます。

例えば、1Kで25㎡でキッチン交換付きのリノベーションなら69.8万円(税抜)が基本料金です。
そこに給湯器を交換したいという場合は80,000円(税込)が追加になるといった具合に簡単なお見積ならすぐに作成可能です。

詳細なお見積もりをご希望でしたら、無料で現地調査いたします

ただ、部屋の状態は千差万別で、現況や施工状態によって見積もり内容も変わってきます。
なので可能な限り現地にお伺いしてお見積を作成させて頂ければより具体的なご提案ができます。
(もちろん現地調査やお見積に費用はかかりません)

場合によってはパッケージに含まれてていない、ユニットバスの交換が必要だったり設備の交換が必要だったり、天井補修が必要だったり、捨て貼りが必要だったりと現地に行かないとわからない情報がたくさんあります。

オーナー様から現地調査依頼をお受けすると担当営業が、現地に出向いて物件を調査します。
私たちは「現調」と言っています。(そのままですが現地調査の略です)
そして現調の内容をお見積に落とし込み、間取り図面を作成しご提案書一式を作成します。

では実際に現地調査をどのように行っているかご紹介しましょう。

間取り図の作成

まずは間取り図を作成します。
(図面がある場合はこの作業が必要ないのでマイソクなどの図面を頂けると非常に助かります!)

手書きで間取りをなぞっていくので、効率はあまり良くないのですが、細かいところまでチェック出来るので見落としがなくなりしっかりとチェックすることが出来ます。

Screenshot 2017-08-07 at 20.08.23
このように図面におとしていきます。通常は15分くらいですが、㎡が大きな場合は30分ほどかかります。
ここで間違うと実際とは異なる提案図面になるので重要です。

これは便利!レーザー距離計!

間取り図面が完成すると採寸をします。測った寸法を図面に書き込んで行きます。
メジャー(スケール、コンベックスなど呼び名はたくさんあります)で測ると詳細に計測できますが、時間がかかってしまうので私たちはレーザー距離計を使っています。

※発注を頂いた後に施工部による詳細現地調査を再度行います。

レーザーで距離を測る超すぐれもの!
DSC00166

このような感じで測ります。

DSC00162

DSC00164
細かい部分はメジャーを使います。

その図面を基にCADデータを作成します。
DSC02067
これでどんな提案にも対応可能です!
次回は、現地調査時の細かいチェック項目をご紹介します。

ハプティックはリノベーションをパッケージでご提案していますが、お部屋はそれぞれに個性があり同じ部屋はないといっても過言でもありません。(同一建物内だと一緒ですが)

次回は、パッケージだけでは包括出来ない部分はどのように判断しているかをご紹介させて頂きます。
リノベーションを行う際には参考にしてみてください。

お申し込み・お問い合わせはハプティックまで

賃貸住宅では従来リフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社より提供されていますが、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工を「TOMOS」、リノベーション後の入居者募集を「goodroom」により、ワンストップで提供することでオーナー様の空室解消や家賃下落に対する不安を解消し、築古賃貸不動産のバリューアップを行っています。工事のご相談はお電話・お問い合わせフォーム(こちら)よりお気軽にお知らせください。

【内覧会レポート】社員寮から賃貸マンションヘ一棟まるっとリノベーション!

2017.08.10 17:38

大盛況!外構・共有部のデザイン監修から専有部のリノベーションまで一棟まるごとプロデュースを行ったマンションの内覧会を開催いたしました!

社員寮から賃貸へのコンバージョン!
29部屋の内1部屋をコモンスペースに変更し28部屋の居室も11種類の多彩なバリエーションにしたことで、完成20日前時点で「28部屋中23部屋」お申込みをいただいたお部屋の内覧会を開催いたしました!

Image uploaded from iOS (4)

当日は109名の方にお越しいただきました!

8月11日から入居開始のため、全てのタイプのお部屋をご覧いただける機会は今回だけ。
当日は、109名の方にお越しいただき、様々なお声をいただきました。

DSC06489
<エントランスは新設し、建物サインを>

DSC06496
<無垢の床材を使ったナチュラルリノベーションTOMOSのお部屋>

1階のあまり日当たりの良くないお部屋は、普段とは少し違ったワクワクするお部屋に!

DSC06303 (1)
<BOXタイプのお部屋>
BOXの中にロフトと収納が。キッチンもBOXの中に収まっています。
面白いお部屋!秘密基地みたいで楽しそう!というお声をいただきました。

DSC06486
<トンネルタイプのお部屋(玄関側より)>
木のトンネルを抜けて居室に。トンネルの左右には、水回りやキッチン、ロフトが収められています。

DSC06484
<トンネルタイプのお部屋(居室側より)>
今回の内覧会で一番人気だったお部屋!
ご入居者様も、募集開始と共にすぐに決まりました。
面白いお部屋なのに、使いやすそう!というお声をいただきました。

DSC06292
<キッチン付きコモンスペース>
DSC06293
<キッチン付きコモンスペース>

今回の一棟リノベーションの目玉である共有スペース。
落ち着いたカフェのような空間で、入居者様が自由に使っていただけます。
月に1回、500円/3時間 で入居者様が貸し切ることも可能。
お友達やご家族を呼んで団欒していただける場となりました。
こちらのコモンスペースが決めてで工事中のお申込みへとつながりました!

<物件概要>
物件名 :Refio成増(リフィオ成増)
間取 : 1R(28部屋+コモンスペース)
広さ : 21.76~25.93㎡
築年数:築25年
アクセス : 副都心線 成増駅 徒歩5分

ハプティックでは、一室のリノベーションから、外装を含む一棟リノベーションまで入居者様視点でのリノベーションをご提案いたします!

お申し込み・お問い合わせはハプティックまで

賃貸住宅では従来リフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社より提供されていますが、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工を「TOMOS」、リノベーション後の入居者募集を「goodroom」により、ワンストップで提供することでオーナー様の空室解消や家賃下落に対する不安を解消し、築古賃貸不動産のバリューアップを行っています。工事のご相談はお電話・お問い合わせフォーム(こちら)よりお気軽にお知らせください。

【リリース】阪急不動産と業務提携開始 !

2017.08.04 15:00

Screenshot 2017-08-03 at 19.15.32

入居者付き「賃貸リノベーションパッケージ」を共同開発
阪急阪神沿線の空家・空室に悩むオーナー様をサポート

賃貸リノベーションのハプティック株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:小倉 弘之 以下「ハプティック」)は、 阪急不動産株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役社長:諸冨隆一 以下「阪急不動産」)と業務提携し、共同開発した「賃貸リノベーションパッケージ」で阪急阪神沿線の空家・空室解消のサポートを開始します。

阪急不動産は、昨年9月から阪急阪神沿線の空家に悩むオーナー様のお悩み・お困りごとの解決をサポートする新サービス「阪急の空家サポート」をスタートしました。
この度、「阪急の空家サポート」の新メニューのひとつとして、年間500件を超える施工を手掛け、賃貸住宅向けリノベーションとしては業界最大級の施工件数を誇るハプティックと「賃貸リノベーションパッケージ」を共同開発しました。

「賃貸リノベーションパッケージ」では、ハプティックが運営するこだわり賃貸仲介サイトで、月30
万人が利用する「goodroom」にて、リノベーション工事開始時から入居者を募集します。ハプティッ
クがこれまで施工した物件では、工事完成前の入居申込みが約6割にのぼっております。また、工事決定前にgoodroomで入居者を募集し、入居者が決まった後にリノベーションを行う「入居者付きリノベーション」サービスも合わせて行うことで、空室対策に悩むオーナー様にも安心してご利用いただけます。

永く沿線開発・不動産事業に携わってきた阪急不動産と、施工から募集までワンストップで賃貸リノベ−ションを行うハプティックの強みを活かし、阪急阪神沿線の活性化に貢献することで、将来的に年間50件の施工を目指します。

Screenshot 2017-08-03 at 19.15.43

■阪急不動産×ハプティック「賃貸リノベーションパッケージ」の特徴
□2つのリノベーションプラン!
リノベ−ションが初めての方でも導入しやすいハーフリノベ−ションプランと、
しっかりとリノベーションしたい方向けのフルリノベ−ションプランの2プランをご用意いたします。

□賃貸では珍しい無垢の床材を使い差別化!
ハーフリノベーションプラン、フルリノベーションプラン、共に賃貸では珍しい無垢の床材を使用したリ ノベーション。ハプティックのオリジナルブランド「TOMOS」をベースに飽きのこないナチュラルなリノ ベーションを行います。

□入居者付まで一貫サポート!
ハプティックが運営するこだわり賃貸仲介サイト「goodroom」にて、入居者付を行います。
お見積の段階で、リノベーション後の家賃査定を行うことで、入居後の費用対効果を把握した上で
リノベーションを行うことが可能です。

■オリジナルリノベーションブランド「TOMOS」について
ハプティックは、自社で設計から施工まで行うオリジナルリノベーションブランド「TOMOS」を展開しています。「TOMOS」には「明かりを灯す」、「共に暮らす」という意味がこめられています。無垢のフローリングとシンプルなオリジナルキッチンなどを使い、飽きのこない、快適な住まい空間の提案を行っています。これまでに、年間約500件、累計2,000件以上の施工実績があります。(2017年7月現在)

■「ハプティック」独自のサービスについて
賃貸住宅ではリフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社により提供されるのが一般的です。これに対して、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工、リノベーション後の入居者募集を、ワンストップで提供することで、オーナー様の空室問題や家賃下落に対する不安を解消したり、築年数が古い、借り手が付きにくいといった、賃貸不動産のバリューアップを行っています。

■ハプティック株式会社 会社概要
・設立:2009年12月
・代表取締役:小倉弘之
・資本金:10,000,000円
・URL:http://www.haptic.co.jp/

■阪急不動産株式会社 会社概要
・設立:1947年(昭和22年)2月17日
・代表取締役:諸冨隆一
・資本金:12,426,650,203円
・URL:http://www.hankyurealty.jp/

■本件に関するお問い合わせ先:
ハプティック株式会社
広報担当 樫村(かしむら)、中島(なかしま) 03-6433-5660 / inquiry@haptic.co.jp

PDFのダウンロードはこちらから