【Q&A】見積もりは物件を見なくても作れるの?

2017.08.17 09:40

オーナー様から良くいただく質問を、弊社営業がお答えいたします!
今回は、実際にリノベーションを決断する際にまずは知っておきたい見積もりについてです。

平米数に応じてパッケージで提案!!

DSC00334

弊社のリノベーションは㎡毎に金額を設定したパッケージになっています。
ですからお電話口でも、物件情報をお伺いしておおよその工事費用をその場でお伝えできます。

例えば、1Kで25㎡でキッチン交換付きのリノベーションなら69.8万円(税抜)が基本料金です。
そこに給湯器を交換したいという場合は80,000円(税込)が追加になるといった具合に簡単なお見積ならすぐに作成可能です。

詳細なお見積もりをご希望でしたら、無料で現地調査いたします

ただ、部屋の状態は千差万別で、現況や施工状態によって見積もり内容も変わってきます。
なので可能な限り現地にお伺いしてお見積を作成させて頂ければより具体的なご提案ができます。
(もちろん現地調査やお見積に費用はかかりません)

場合によってはパッケージに含まれてていない、ユニットバスの交換が必要だったり設備の交換が必要だったり、天井補修が必要だったり、捨て貼りが必要だったりと現地に行かないとわからない情報がたくさんあります。

オーナー様から現地調査依頼をお受けすると担当営業が、現地に出向いて物件を調査します。
私たちは「現調」と言っています。(そのままですが現地調査の略です)
そして現調の内容をお見積に落とし込み、間取り図面を作成しご提案書一式を作成します。

では実際に現地調査をどのように行っているかご紹介しましょう。

間取り図の作成

まずは間取り図を作成します。
(図面がある場合はこの作業が必要ないのでマイソクなどの図面を頂けると非常に助かります!)

手書きで間取りをなぞっていくので、効率はあまり良くないのですが、細かいところまでチェック出来るので見落としがなくなりしっかりとチェックすることが出来ます。

Screenshot 2017-08-07 at 20.08.23
このように図面におとしていきます。通常は15分くらいですが、㎡が大きな場合は30分ほどかかります。
ここで間違うと実際とは異なる提案図面になるので重要です。

これは便利!レーザー距離計!

間取り図面が完成すると採寸をします。測った寸法を図面に書き込んで行きます。
メジャー(スケール、コンベックスなど呼び名はたくさんあります)で測ると詳細に計測できますが、時間がかかってしまうので私たちはレーザー距離計を使っています。

※発注を頂いた後に施工部による詳細現地調査を再度行います。

レーザーで距離を測る超すぐれもの!
DSC00166

このような感じで測ります。

DSC00162

DSC00164
細かい部分はメジャーを使います。

その図面を基にCADデータを作成します。
DSC02067
これでどんな提案にも対応可能です!
次回は、現地調査時の細かいチェック項目をご紹介します。

ハプティックはリノベーションをパッケージでご提案していますが、お部屋はそれぞれに個性があり同じ部屋はないといっても過言でもありません。(同一建物内だと一緒ですが)

次回は、パッケージだけでは包括出来ない部分はどのように判断しているかをご紹介させて頂きます。
リノベーションを行う際には参考にしてみてください。

お申し込み・お問い合わせはハプティックまで

賃貸住宅では従来リフォームの設計、施工、入居者募集は別々の会社より提供されていますが、ハプティックでは、リノベーションの設計、施工を「TOMOS」、リノベーション後の入居者募集を「goodroom」により、ワンストップで提供することでオーナー様の空室解消や家賃下落に対する不安を解消し、築古賃貸不動産のバリューアップを行っています。工事のご相談はお電話・お問い合わせフォーム(こちら)よりお気軽にお知らせください。

←全国賃貸住宅新聞に掲載されました

| ハプティック リノベーション日誌 HOME |

10年手付かずの築35年物件をフルリノベーション! 第35回内覧会開催@六本木(8/22)→

資料請求・ご相談は、お気軽にどうぞ。

※ お問い合わせ受付後、1営業日以内にご連絡致します。