【賃貸リノベQ&A】内覧時が勝負時!入居者はどこをみている?

2015.11.30 11:47

H00101334093_3

Q.入居者はどこをみている?

リフォームが終わり、いよいよ入居者募集となりました。
お部屋の内覧時、入居者さんってどこを見ているんでしょう?

A.室内はもちろん見ていますが、エアコン、ベランダ等の設備に目が行くようです。

よく内覧した方からいただく意見として
エアコン、設備、ベランダ、共有廊下の汚れ・経年劣化が気になると言われています。

これはどのリフォームでも共通して言えることなのですが、
室内の大体部分が綺麗になるので、そこで置いてけぼりになった部分が
内覧時、浮いて見えてしまうためです。

エアコンは全て設置してあげましょう。

ファミリータイプ等で、エアコンは入居者さんが用意するという募集スタイルを
よく見かけるのですが、エアコンをこの為に買うとなると、
入居の為の初期費用に加えて、エアコン本体代金、電気屋さんの設置料などで
物件にもよりますが、50万〜100万くらいはかかってしまいます。(ファミリータイプ、家賃15万円前後として)
エアコンを取り外して、次のお部屋に持ってくるという方は少数派です。

家賃と設備のバランスが大切

また、家賃に対して設備が見合ってなかったりするお部屋も多々有ります。
これはお風呂にジャグジーを付けるとか、豪華にするという話ではなくて
普通にウォシュレットを新設するとか、ユニットバスのシャワーを備え付けのものでなく、
ちょっとだけいいものに変えてあげるというところで、改善が可能です。

ベランダを綺麗にしましょう

アパートなどでよくあるのですが、落下防止の柵が錆び付いていたり、
床が焼けて黒くなっていたりすることが有ります。
簡易的なもので、塗装などで解消できます。

また、他の物件との比較は必ずあるので、こういった部分が無い・古いとなると
マイナス評価になってしまうので、ここは是非、変えてあげたほうが申込を貰える確率はぐっと上がります。

共有廊下などは一棟オーナーさんでないと、改修は難しいのですが
ベランダ・エアコンでしたら、ある程度は改修可能なので、ぜひこちらも気にしてみてください。

ハプティックでは、室内だけの提案でなく、
総合的にお部屋を見た上で、ご提案をさせていただいております。
ご相談、現場確認などご気軽にお問い合わせください。

ハプティック株式会社 TEL:0120-954-451

【リノベQ&A】入居者が退去。その後どうする?

2015.11.26 09:05

H00101333993_3

Q.入居者が退去。その後どうする?

長年住まわれていた入居者様が退去しました。
築年数はかなり経っているのですが、大幅なリフォームをするのは考えていません。
なにか良い方法はありますか?

A.シート張りを活用します

原状回復時のリフォーム費用は、なるべく抑えたい所ですよね。
ただ、築年数なりに設備も傷んできて、ちょっと古くさい、
それが顕著にでる設備があります。それはキッチンです。

フローリングだけ張り替えて、キッチンはそのまま、、
なんてお部屋になっていませんか?

床の色味と、キッチンの色味。これは内覧時、入居者さんが見るポイントでもあります。
機能性も大事なのですが、内覧時に実際に使ってみることもないので
まずは形から、、ということでキッチンの収納扉部分にシート張りをしてしまうのです。

こうすることで意外と綺麗になりますし、内覧時の全体のバランスも良く
入居者様の印象もぐっと高まります。

あなたのお持ちのお部屋は”真っ赤なキッチン”になっていたりしませんか?

賃貸では、10人みたら、9~8人がいいね。と思われる部屋にしないといけません。
リフォーム業者さんに任せっきりではなく、ぜひカラーリングも気にしてみてください。

ハプティックでは、カラーバランスを考えたベストな提案をしていきます。
まずはお気軽にご相談から。現場確認などもお問い合わせください。

ハプティック株式会社 TEL:0120-954-451

”途中からDIY”賃貸サービスをスタート

2015.11.19 11:18

費用は約半分で、より手軽に自分好みの部屋作りができる”途中からDIY”賃貸サービスをスタート

1119diy_main

このたび、オリジナルリノベーション賃貸ブランド「TOMOS」を母体とした”途中からDIY”賃貸サービスをスタート、鷺沼で第1弾の入居募集を開始しました。

これまでのDIY賃貸では、リノベーション工事前のお部屋をご紹介し、あとは入居者が自由にカスタマイズするという内容でしたが、水周りの工事や、床・壁の張替えなどが必要なものが多く、工事費用の負担・および工事中の家賃負担が大きいためになかなか一般的には普及していないという現状がありました。

”途中からDIY”賃貸では、解体・水周りの補修/交換などの基礎工事はオーナーが実施し、床、壁の仕上げなど、好みを反映させたい部分は入居者がDIYで仕上げ、さらに仕上げの工事期間に相当するフリーレントをセットで提供するため、入居者の負担部分は実質今までのDIY賃貸に対して約半分程度におさえられます。また、DIY部分の施工や資材の発注に関しても、入居者のスキルや予算に応じて、グッドルームスタッフに相談や依頼をすることもでき、より手軽に部屋のカスタマイズを楽しむことができます。

また、オーナー様にとってもフルリノベーションに比べて半分の費用で募集を開始することができます。

1119diy_gaiyou

オリジナルリノベーション賃貸ブランド「TOMOS」の施工で培った知見を活かしたサービスとして、今後、東京・大阪・名古屋のリノベーション工事予定の数百の候補物件を対象として、希望者を募ってまいります。