半地下でも決まる物件に!

2015.10.31 20:32

本日は大田区のリピーター様に完成物件の引き渡しに行きました。
こちらのマンションではハプティックの工事は5回目になります。

お部屋は一度、軽微なリフォームをして、そこから退去が出たという状況でした。
退去してすぐなので、ちょっとゴミが目立ちますがbeforeはこんな感じです。

hjQzGsUBoK6qeJi94gn_OTRIZKDMchkVpdcI3_zIKqouiVViqZUN7kXSbnwTclhAuySjFF2SPPo1WphRjSCRf4
before

現状回復だけでも、手段としてはありかもしれません。
ただ、半地下なので、普通の改装をしてもなかなか物件に魅力が出ないかと思われます。
今回は床に山栗の無垢床を使用し、費用を抑えるために建具は既存利用をご提案しました。
入居者様の内覧時にインパクトが欲しいのでキッチンもハプティックオリジナルのキッチンに交換しました。

H00101353249_3

H00101353249_4

H00101353249_6
after

いかがでしょうか。
半地下という条件の中、入居者様が住みたい!と思うようなお部屋に
出来上がっているかと思います。

ハプティックでは今回の工事のように無理に変更して
リノベーション費用が上がるようなご提案は極力しないようにしております。
工事費の回収が遅れてしまうばかりか、
変更することによって家賃が上がるものでも無い工事項目もあるからです。

例えば、窓ガラスなどは既存利用でご提案することが多いです。
また、建具の既存利用の場合は白のダイノックシート貼りをすると、

建具交換より割安にリフレッシュ感を出すことができます。(オプションになります。)

H00300858418_14
収納ドアをダイノックシート貼りした例

お部屋に応じて最適なプランを提案させていただきたいと思います。
退去が近づいているお部屋をお持ちでしたらお気軽にお声がけください。

担当・唐戸

週間住宅 10月26日号に掲載されました!

2015.10.28 19:51

jyutaku10-26
クリックで拡大

週間住宅の10月26日号にハプティックが掲載されました。
ハプティックのリノベーションブランド “TOMOS”のオーナー様と入居者様の
交流会の様子を記事にしていただいています。

R不動産TOOLBOXの方をゲストにお呼びし、
“女のカスタマイズ賃貸”をテーマにトークイベントを開催しました。

ハプティックでは、入居者様の貴重な生の声を聞く機会もございます。
来月以降、新しいイベントも企画しますので、オーナーの皆様、是非注目してください!

担当・丸田/唐戸